Art Pepper / Art Pepper Meets The Rhythm Section

 1957年に発表された、アート・ペッパーの代表作のひとつです。メンバーはArt Pepperをメインに、Red Garland(ピアノ)、 Paul Chambers(ベース)、 Philly Joe Jones(ドラムス)。当時マイルス・デイビス・クインテットの面々が参加しています。
アート・ペッパーは白人のアルトサックス・プレイヤーですが、意外と粘っこいプレイを聴かせてくれるところが素晴らしい。全般的には、マイルスのバックメンバーとの演奏と言うことがあるのかどうか分かりませんが、メンバーの緊張感と言うか真剣さを感じます。スリリングな演奏とでも言うのでしょうか。この緊張感はジャズの醍醐味の一つと思っているので、私にとっては本作品の大好きな部分です。大好きなポール・チェンバース(当時22歳)のアルコ奏法もしっかりと堪能できます。

もう一つ、本作の大きな特徴として、「音が非常に良い」。1957年の作品ですので、もう60年前の録音ですが、当時の録音技術が素晴らしかったのでしょうか、60年前の音源とは思えません。音の定位も左からサックス、ドラムス、ベース、ピアノと、位置関係がクリアに分かるので、臨場感もあり、良いヘッドホン/イヤホンやスピーカーで聴くと目の前で演奏しているのを聴いているような気持ちになります。ノイズもなく(これはマスタリングによるものかもしれませんが)、録音という面からも名盤といえます。ちなみに、アルバムの冒頭を飾る You’d Be So Nice To Come Home To は、私がヘッドホンやイヤホンを選ぶ時のリファレンス曲の一つにしております。皆さんも是非使ってください。

臨場感、緊張感、そしてメンバーの演奏テクニック、いずれも申し分無く、ジャズを聴こうとする方には必ずお勧めしたい作品です。

Tracks:
01: You’d Be So Nice To Come Home To
02: Red Pepper Blues
03: Imagination
04: Waltz Me Blues
05: Straight Life
06: Jazz Me Blues
07: Tin Tin Deo
08: Star Eyes
09: Birk’s Works
10: The Man I Love

(Apple Music)

東京女子流 / PERIOD. BEST 〜キメテイイヨワタシノコト〜

 2017年10月にリリースされた東京女子流のミニベストアルバムです。
前回紹介した「オトナニナルンダカラ」とは違い、こちらは比較的最近の曲が中心に収録されています。そういう意味では、今まで女子流を好きで聴いていた人には若干目新しさは少ないかなという気はします。ただ私としては、ライヴやイベントでは歌われていた中江友梨作品「たぶん、ずっと好き」が収録されたことが嬉しいです。結構この曲はファンの間でも人気のようです。

さて、この「〜キメテイイヨワタシノコト〜」ですが、前述の通り比較的最近の曲が中心ということで、2015年末以来フルアルバムをリリースしていない彼女達によっては、ベストアルバムと言うよりは最新のオリジナルアルバムといったほうがいいのかも知れません。一通り聴くと、ここ最近のHi-ra系の流れがよく分かるので、以前の松井寛さん系の曲に痺れていたファンたちは複雑な気分かも。確かに、例えば「ミルフィーユ」なんかはシングルのカップリングにRoyal Mirrorball Mixが収録されていたのに本作では収録されてません。同じ曲にも関わらずミキサーの違いでここまで変わるかという一例として、収録して欲しかったなと言う気持ちではあります。

これから女子流を聴いてみようという人たちにはお勧めのアルバムですし、既に女子流を知っている人なら、是非DVD付きのアルバムを購入して、今やなかなかフルでは見れない「ミルフィーユ」の”Cute Version”を見ながら、あまりにかわいい彼女達の笑顔に癒されたり、あるいはニヤニヤするのもいいでしょう。

Tracks:
01: ダイヤ◇
02: 深海 (Hi-ra Mix)
03: ミルフィーユ
04: predawn
05: Don’t give it up
06: たぶん、ずっと好き
07: water lily 〜睡蓮〜
08: STARTING, MY ROAD!

(Apple Music)

東京女子流 / PERIOD. BEST 〜オトナニナルンダカラ〜

 2017年10月にリリースされた東京女子流のミニベストアルバムです。
今回リリースされたベストアルバム、アルバムがピンク調の「キメテイイヨワタシノコト」と、このブルー調の「オトナニナルンダカラ」の2作品が一挙に発売ということで、ちょっとした話題になりましたが、今回ご紹介するのは後者の作品です。

さて、この「〜オトナニナルンダカラ〜」の方は、活動7年目の東京女子流の曲の中でも、前期〜中期あたりのものが入っています。全曲新録音。彼女たちの前回のベストアルバムは2015年リリースなので、小西彩乃脱退以降4人体制での初レコーディングの曲が多いと言う点でも注目の作品です。

以前の女子流の曲は、新井ひとみと小西彩乃の2人がメインヴォーカルの曲が多く、その中でも小西彩乃の迫力のある低音系ヴォーカルに魅せられるファンも多かったと思います。最近のライヴなどで4人体制のヴォーカルは聴いてはいたものの、どのようにレコーディングされるのか気になっていました。しかしこの作品を聞くと、確かに小西彩乃のヴォーカルを表現できなくなってはいるものの、他のメンバーがそれぞれの持ち味の中できっちりやっているなあと言う好印象です。特にLimited addictionでは、彼女のパートを声質の全く違う中江友梨がやっています。低音のズッシリ感は無くなっているものの、これはこれでやっぱりいいと言う、新たな発見ができました。それにしても、新井ひとみのヴォーカルは存在感を増してきましたねえ。

今の女子流が辿ってきた道を振り返る、そんな作品となっていると思います。

Tracks:
01: キラリ☆
02: 鼓動の秘密
03: ヒマワリと星屑
04: きっと 忘れない、、、
05: サヨナラ、ありがとう。
06: Limited addiction
07: illusion
08: 雨と雫

(Apple Music)

Marcus Miller / Tutu Revisited

 2011年に発表されたマーカス・ミラーのライブアルバムです。
タイトルのTutuは、言うまでもなくマイルス・デイヴィスが1986年に発表した、晩年の作品から来ていて、マーカス自身もプロデュースを始め、本作品に全面的に参加していました。

 さて本作、2011年にフランスのリオンでの録音で、収録されている曲はマイルスのTutuに収録されているものを中心として、2枚組12曲、137分という長尺となっています。
 そんなことから、マイルスへのトリビュートアルバムと言うことになっているようなのですが、中身はそうではなく、完全な「マーカスミラーのライブアルバム」です。マイルスのトリビュートと思って聴く方は、拍子抜けすると思います。

 ミュージシャンは、Marcus Miller (bass)を中心としてChristian Scott (trumpet)、Ronald Bruner, Jr. (drums)、Federico Gonzalez Peña (keyboards)、Alex Han (saxophone)という布陣。マーカスがスラッピングしまくりの目立つ演奏をしているのは当然として、他のミュージシャンもかなり高度な演奏を聴かせてくれます。特にJean Pierreでのマーカスのソロ、Don’t Lose Your MindでのRonald Bruner, Jr.のドラムソロ、そこからTutuへ流れる展開のところなどは圧巻です。
 Tutuでは多くの楽曲を提供しているマーカスですので、演奏スタイルがマーカスそのものであっても何の違和感もありません。それでも彼らのテクニックを始めとして、緊張感のある演奏を十二分に堪能できるエネルギッシュな作品です。2時間以上連続しても聞き通すことができます。
「マイルスらしさがない」と言ってしまうと今ひとつな作品になってしまいますが、マーカスの作品としては素晴らしいと思います。彼の新しいライブアルバムとして聴くべき理由はここにあります。是非是非、先入観を取り払って聴いてみてください。

 なお、音楽とは関係ないですが、曲の合間に度々聞かれるマーカスの流暢なフランス語MCにも注目です。(フランス語は全く分からないので、雰囲気的ではありますがめっちゃ流暢です!)
 
Tracks:
[Disk 1]
01: Tomaas
02: Backyard Ritual
03: Splatch
04: Portia
05: Jean Pierre
06: Aida
07: In A Sentimental Mood
[Disk 2]
01: Hannibal
02: Don’t Lose Your Mind
03: Tutu
04: Full Nelson / Perfect Way
05: Human Nature / So What

(Apple Music)

土岐麻子 / HIGHLIGHT – The Very Best Of Toki Asako

 2017年7月リリースの土岐麻子のベストアルバムです。
時期的には2010年発表の「乱反射ガール」から2017年の前作「PINK」までの作品を集めた構成になっています。「PINK」のリリースから半年しか経っていないので、このベストアルバムは「夏」を意識した季節作品なのではと思っています。

 全部で15曲収録されていて、そのうち新曲は「STRIPE」と「FANTASY」の2曲。
いずれもしっとりした感じというよりは乾いたタイプの曲という感じ。アルバムのオープニングを飾る「STRIPE」は、土岐麻子の楽曲の中でも殊更魅力的な、飛びきりキャッチーなメロディと少し懐かしさを感じるディスコサウンドっぽさの融合が見事にハマっていて、彼女の魅力が全部詰まった名曲です。
 一方アルバムの最後を飾る「FANTASY」は、他の曲と比べるとギターが前面に出てくるシーンが多くてロック色が強い曲なのですが、実はサビのところがダンサブルになっているところがとても気に入っていて、それを土岐麻子のヴォーカルがポップな味付けにしてくれています。大げさに言ってしまえば、決して他のシンガーには真似のできない、まさに土岐ワールド、なのです。

 これ以外の曲は、過去にリリースされた曲となっているので紹介は省きますが、あまり土岐麻子さんのことを知らない方は、資生堂の「シュベリエール」のCMソングになった「Gift 〜あなたはマドンナ〜」も収録されているので是非是非聴いてみてください。
 
Tracks:
01: STRIPE
02: Fancy Time
03: 乱反射ガール
04: Gift 〜あなたはマドンナ〜
05: 熱砂の女
06: smilin’
07: Rendez-vous in ’58
08: セ・ラ・ヴィ 〜女は愛に忙しい〜
09: 僕は愛を語れない
10: Beautiful Day
11: トーキョー・ドライブ
12: BOYフロム世田谷
13: Rain Dancer
14: PINK
15: FANTASY

(Apple Music)

聴いたアルバムの簡単なご紹介。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。