為岡そのみ / MOVIN’ ON

 ソングライターやバックヴォーカリストとして活躍してきた為岡そのみのデビューアルバム (2009年7月発表)。

 私もつい最近彼女の存在を知ったのだが、このデビューアルバムを聞いたり、いろいろ調べものなどをしている中で、実は重大な発見を一つしている。
こちらの為岡そのみさん、私にとって最高のJ-POP曲の1つだと信じて疑わないCHEMISTRYの「SO IN VAIN」を作曲された方なんである。これを知ったとき、卒倒しそうになりました。あまりの感動で。
CHEMISTRY以外にもSoweluや古内東子などへの楽曲提供、Jazztronikのヴォーカリスト、その他数多くのアーティストと競演をしてきている。

 さて本作。基本的には今日のR&Bテイストの作品なのだが、何と言うか、デビューアルバムにありがちな危なっかしさが全くない。ヴォーカルには余裕さえ感じさせる。
やはり、今までに数多くのアーティスト達と素晴らしい仕事をしてきた、という経験なのだろう。ここまで安心して聞ける「デビューアルバム」って近年そうそうお目にかかれないと思う(特に日本のアーティストでは)。

 曲もどっぷりR&Bに浸かりきった、と言う感じではなく若干ポップ寄りのアプローチ(この辺の按配が私のフェイバリットです)だし、声がかなり好み。
アップテンポの「虹が見たいの」「MOVIN’ ON」から、ややファンキーさを感じさせる「PURPLE」、しっとり系の「Crying For You」などなど全ての曲がかなりの出来で、アルバムをずーっと通して気分良く聴くことができる。

 まだこのアルバムと出会えていない人はかわいそう。J-POPファンからR&B好きの人たちまでお勧めなので、是非どうぞ。
なお、AmazonではCDアルバムで販売されているが、iTunes Storeでは試聴もできるし、安く買えます。iPod + iTunesをお使いの方は気軽に購入ができます。

iPod + iTunesユーザーの方は以下リンクにどうぞ。(クリックするとiTunesが起動します)

為岡そのみ - MOVIN' ON

Author: tomyt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください