レベッカ / REBECCA SINGLES

私の青春の1ページの一つであったレベッカのベストアルバムです (1993年発表)。

もっとも、当時大ファンだったわけではないです。そうなると、どうして青春の1ページになってしまうのか。なんだか不思議な感じではありますけど、これはやっぱりヴォーカルのNOKKOの魅力・存在感によるところが大きいです。彼女のマイナー調の曲で見せる、何とも言えない「翳り」の部分に多分我々はドキドキしたんだと思いますし、一方アップデンポの曲では、その強力なヴォーカルとパフォーマンスに圧倒されました。
また、個人的に私自身が予備校生として、受験勉強をしていた頃にラジオから流れてきた曲は非常に印象が深く、レベッカはまさに青春の思い出に合致していることも大きいんだろうと思います。

ともあれ、私だけではなく、本当に1960~1970年辺りに生まれた多くの人達がレベッカの音楽を聴いていたわけですが、意外なことに彼らの活動期間は、再結成を除くとわずか7年間。リリースしたシングルはわずか13枚。この短かい活動期間の割に印象的なのは、シングル曲だけでなく、それ以外の曲にも名曲が多く、当時のリスナーを大いに共感させる楽曲が多かったからでしょう。

そういうこともあり、このベストアルバムは残念ながら「これは本当のベストアルバムではない」という批評も多く不運なアルバムのようです。確かにレベッカのベストトラックを集めたアルバムではないからこの批評も仕方はないのですが、本作は彼らが世にリリースした13枚のシングル曲のみを収めたアルバムで、そういう意味ではレベッカの歴史をまとめた重要なアルバムではないかと思います。
もっと知りたい方は、もともとアルバムを7枚しか出していないバンドなので、オリジナルアルバムを揃えることをお薦めします。

私としては、「フレンズ」「LONELY BUTTERFLY」「MOON」あたりの、どことなく哀し気なNOKKOのヴォーカルにグッときています。

Tracks:
01: Wearham Boat Club
02: Virginity
03: Love is cash
04: Friends
05: Raspberry Dream
06: Lonely Butterfly
07: Monotone Boy
08: Nervous But Glamourous
09: Moon
10: One More Kiss
11: Vanity Angel
12: Super Girl
13: Little Rock

Author: tomyt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください