Elvis Costello / Spike

 ←アマゾンへのリンクです

Elvis Costelloの1989年リリース作品です。

本作は私の大好きな作品の一つで、それは多分私の大好きなアメリカのアーティストが多く参加しているからだろうと思っています。

まずプロデュースがT-Bone Burnett。ミュージシャンとしてはJim Keltner(ドラムス)、Jerry Scheff(ベース)、Mitchell Froom(キーボード)、トム・ペティ&ハートブレーカーズのBenmont Tench (キーボード)と言った、長年アメリカの音楽を支えてきている人たちが参加。これだけでもう素晴らしい作品になるんです。
その上、聞き覚えのある重厚なホーンセクションはThe Dirty Dozen Brass Band。昨年亡くなったニューオリンズ音楽のレジェンド、Allen Toussaintも参加しているのです。彼らの奏でる、ルーツ系漂う音楽はコステロ氏とぴったり。このレビューでも以前ご紹介している前作の King Of America で十分にわかった親和性ですね。

その他、私としてはDirty Dozenの分厚いホーンとMichael Ribotのクレージーなギターが炸裂するファンクナンバー Chewing Gumがかなりお気に入りです。

そして忘れてはいけないのがPaul McCartneyの参加。あまりにアメリカ系の豪華アーティストの参加がすごいので、見逃しそうになります。
(もっとも日本では「あのポールも参加!」という触れ込みでしたが…)
ポールの参加によって生み出された大ヒット曲「Veronica」。これは外すわけにいきません。今ではかかっていないかもしれませんが、フジテレビの朝の情報番組のオープニングテーマとかでかかっておりました。初めてこの曲がフジテレビでかかった時は、コステロの曲がテレビで流れてる!と震えたものです。
ポールとコステロは、この最上のポップチューンであるVeronicaの他、ノイジー感のあるロックチューン、Pads, Paws And Clawsの2曲を共作しています。

Tracks:
01: …This Town
02: Let Him Dangle
03: Deep Dark Truthful Mirror
04: Veronica
05: God’s Comic
06: Chewing Gum
07: Tramp The Dirt Down
08: Stalin Malone
09: Satellite
10: Pads, Paws And Claws
11: Baby Plays Around
12: Miss Macbeth
13: Any King’s Shilling
14: Coal-Train Robberies
15: Last Boat Leaving

Author: tomyt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください