Dexter Gordon / Our Man In Paris

Dexter Gordon / Our Man In Paris

1963年に発表された、デクスター・ゴードンの作品です。

参加メンバーは以下の通り。
Dexter Gordon – tenor sax
Bud Powell – piano
Pierre Michelot – bass
Kenny Clarke – drums

本作品、もともとデクスター・ゴードンが書き下ろした曲を集めたアルバムを録音すべくメンバーがフランスのパリに集められました。しかし、予定していたピアニストのケニー・ドリューが諸事情により参加せず、代わりにバド・パウエルが参加しました。すると今度はバドが新曲は演奏しないと言う話になり、最終的にスタンダード作品集が録音された、という経緯のあるものになっています。
何といわくつきなんでしょう。

そんな、ちょっと微妙なやり取りの末に録音された作品ではあるのですが、演奏自体は一体感があってなかなかだと思います。冒頭の “Scrapple From The Apple” においてもデクスター・ゴードン以外のメンバーのソロは思ったよりも控えめで、あのバド・パウエルですらリーダーであるデクスター・ゴードンを立てているのではないかと思えるソロ(ソロ自体は素晴らしいですが)。”Willow Weep For Me” においては、デクスターの丁寧なメロディープレイと、出過ぎようとせずバッキングに徹するバドの演奏が、まとまっているという印象を感じさせます。

その他、デクスターの丁寧な演奏の魅力が最も出ているのがバラード作品で、”Starway To The Stars” におけるテナーサックスならではの艶っぽさ、ロマンティックさはたまらないです。
皆さんご存知の「チュニジアの夜」(“A Night In Tunisia”) については、私も様々な作品でこの曲を聴いていて、ついアート・ブレーキー&ジャズ・メッセンジャーズのエネルギッシュなプレイの印象がありますが、本作におけるこの曲はおとなしめの演奏だと思います。派手なプレイもなく、これはこれでまとまった感じで良いとは思いますが、もう少しテンションが上がっても良いかも、という感想です。

CDのみに収録された最後の2曲の中で、最後を飾る “Like Someone In Love” は、デクスターが一切登場しない、バド・パウエルが中心となった作品で、本作品の中では異色ですね。バドに配慮したからなのか、リーダーを除いた3人による演奏がここに入るのは不思議ですらあるのですが、CDのみに収録ということで、良しとしますか。
演奏自体はリラックスしていてとても良いです。

総じて、私としてはデクスター・ゴードンの作品の中でもじっくり聴ける良い作品だと思いました。彼の作品では良く “GO” が名作と言われまして、私も好きは好きなんですけど、聴く頻度という面ではこの “Our Man In Paris” の方がベターだと思っています。

Tracks:
01: Scrapple From The Apple
02: Willow Weep For Me
03: Broadway
04: Stairway To The Stars
05: A Night In Tunisia
06: Our Love Is Here To Stay
07: Like Someone In Love

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アワ・マン・イン・パリ [ デクスター・ゴードン ]
価格:1120円(税込、送料無料) (2022/10/7時点)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。