Buddy Guy / The Blues Don’t Lie

Buddy Guy / The Blues Don’t Lie

2022年9月リリース。御年86歳のバディ・ガイのニューアルバムです。
前作 “The Blues Is Alive And Well” から4年ぶりとなる本作、前作に引き続いてゲストアーティストもフィーチャーしながらの作品となっています。
本作もメンバーは豪華で、Mavis Staples、Elvis Costello、Elvis Costello、Bobby Rush、Jason Isabell、Wendy Moten と言った面々。

冒頭の I Let My Guitar Do The Talking からフルスロットルでヴォーカルもギターも相当気合が入っています。特にゲストが参加していない作品は、ギターのうなり方、テンションの高さは健在。で嬉しくなってしまいます。

ゲスト参加作品は、Mavis Staplesのヴォーカルが実にブルージーで素晴らしい。言うまでもなく、ステイプル・シンガーズのメイヴィスなんですが、彼女がバンドに入ったのが1950年ですから、歌い始めて既に70年以上。この渋さは簡単に出せるものではありません。ものすごい存在感です。
その一方、Elvis Costelloは意外と奥ゆかしいというか、あまりメインヴォーカルを取らずバックコーラスが中心という印象で、もっと一緒に歌ってくれても良かったのかなと思いました。バディの迫力に押されている感じです。
そしてJames Taylor が参加している Follow The Monkey ですが、これはブルースと言うよりライ・クーダーあたりが70-80年代に演っていたリズム&ブルースの色濃いアーシーな作品になっています。このタイプの曲は大好きなのでとても気に入ってます。

面白いところでは、ビートルズの I’ve Got A Feeling のカバーでしょうか。アルバム Let It Be に収録されたこの曲、あまりカバー曲として聴いたことがなかったので新鮮に感じました。バディは意外とサラッとした感じに仕上げています。あ、もちろんギターソロはテンション高いです(笑)。

それにしても86歳でこのパワーはすごいですね。私の親世代なのですが、果たして私はその頃までこのパワーを持続できるのでしょうか?
そんなことを思いながら堪能しております。

Tracks:
01: I Let My Guitar Do The Talking
02: Blues Don’t Lie
03: The World Needs Love
04: We Go Back (feat. Mavis Staples)
05: Symptoms Of Love (feat. Elvis Costello)
06: Follow The Money (feat. James Taylor)
07: Well Enough Alone
08: What’s Wrong With That (feat. Bobby Rush)
09: Gunsmoke Blues (feat. Jason Isabell)
10: House Party (feat. Wendy Moten)
11: Sweet Thing
12: Back Door Scratchin’
13: I’ve Got A Feeling
14: Rabbit Blood
15: Last Call
16: King Bee

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】ブルース・ドント・ライ [ BUDDY GUY ]
価格:2964円(税込、送料無料) (2022/10/9時点)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。