The Temptations / Temptations 60

The Temptations / Temptations 60

2022年に発売されたアルバムの中で「おー」と思わず声を上げてしまった作品の一つが、結成60年を迎えなお活動中のテンプテーションズの新作でした。とは言っても、本作は4年ぶりの作品で、メンバー変更は行われていますが60年間以上途切れることなく活動を続けています。通算44作目のスタジオ録音作品です。

冒頭の Let It Reign でヒップホップの K. Sparks と共演したかと思えば、次の “When We Were Kings” で円熟味あふれるテンプスらしいコーラスを聴かせてくれたり、テンプスと共に60-70年代のモータウンを支えたスモーキー・ロビンソンがゲストヴォーカルで登場したりと、実に聴く側を楽しませてくれます。
そしてアルバムの最後を飾る “Come On” は、テンプスが前身のディスタンツ時代の1959年にリリースしたシングル曲で、63年の時を超えた再録音作品です。

オリジナルメンバーで唯一残るオーティス・ウィリアムス (御年81歳) のバリトンヴォイスは健在。ロン・タイソン、テリー・ウィークスと言った30-40年来のメンバーの他、新しいメンバーのトニー・グラントとジャワン・M・ジャクソンとの息もぴったりで、2022年のテンプスも元気いっぱいで、聴きどころの多い、良い作品になっております。

Tracks:
01: Let It Reign (feat. K. Sparks)
02: When We Were Kings
03: Is It Gonna Be Yes Or No (feat. Smokey Robinson)
04: Time For The People
05: Elevator Eyes
06: My Whole World Stopped Without You
07: You Don’t Know Your Woman (Like I Do)
08: How Do You Spell Love
09: Calling Out Your Name
10: I Want It Right Now
11: Breaking My Back
12: Come On

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Temptations 60 [ Temptations ]
価格:3339円(税込、送料無料) (2022/11/7時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。