Hank Williams, Jr. / Rich White Honky Blues

Hank Williams, Jr. / Rich White Honky Blues

ハンク・ウィリアムス・ジュニアのスタジオ作品としては6年ぶり、通算56枚目の作品です。(2022年6月リリース)

前作 “It’s About Time” では、ハンク・ジュニア節とも言える、ポップ要素皆無・ブギ要素の強い、ブルージーなカントリーを多く聴かせてくれましたが、本作はカントリー色も薄れた「どブルース」なアルバムとなっています。

全12曲のうち半分以上がロバート・ジョンソン、ライトニン・ホプキンス、ジミー・リード、マディ・ウォータースなど、有名ブルースミュージシャン達のカバー曲となっていて、本作はかなりブルースに振り切って演りたかったという感じなのでしょう。

カバー曲の中では、ライトニン・ホプキンスのカバーである “My Starter Won’t Start” と “Short Hearted Woman” が気に入っております。
オリジナル曲でも、アルバムタイトル曲では音を歪ませながらブルースしてます。これがとてもかっこいい。

ハンク・ジュニアはカントリー・アーティストとは言いつつも、もともとブルースやブギなどアメリカ南部の音楽とかなり親和性を持っているアーティストなので、ブルースアルバムを作成することは自然な流れだとは思いますし、これは本当に「アリ」です。演奏のキレもあるし、今年トップレベルのブルースアルバムと言ってもいいと思います。

Tracks:
01: .44 Special Blues
02: Georgia Women
03: My Starter Won’t Start
04: Take Out Some Insurance
05: Rich White Honky Blues
06: Short Hared Woman
07: Fireman Ring The Bell
08: Rock Me Baby
09: I Like It When It’s Stormy
10: Call Me Thunderhead
11: TV Mama
12: Jesus, Won’t You Come By Here

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Rich White Honky Blues [ Hank Williams Jr. ]
価格:2215円(税込、送料無料) (2022/10/7時点)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。