Jazz Funk Soul / Forecast

Jazz Funk Soul / Forecast

2022年9月5日リリース、Fourplayが実質活動休止している現状では、コンテンポラリージャズのスーパーグループと言って良い3人組の同名義では4作目の作品です。

Jazz Funk Soul は、ジェフ・ローバー (キーボード)、エヴァレット・ハープ (サックス)、ポール・ジャクソン・ジュニア (ギター) の3人をメンバーとしたユニット。

このユニットが好きなのは、メンバー3人がそれぞれの個性をちゃんと聴かせてくれるところです。私は昔からジェフ・ローバーのファンクな感覚が好きなので、ついジェフ・ローバー中心で聴いてしまうのですが…。

ただ今回は、随所で見られるポール・ジャクソン・ジュニアの流れるようなギタープレイが印象的でした。私にとってはリズムギタリストというイメージが強かったのですが、本作で彼が聴かせるギターソロはとても気持ちよかったと思います。

エヴァレット・ハープのことを書いてませんでしたが、彼のプレイ、私には派手さのない堅実なプレイに聴こえるのですが、そこが魅力でもあります。主旋律をしっかりとこなしつつ、とにかく前に出たい (!!) ジェフ・ローバーをしっかりと支えているなあという印象です。地味めなのですが、良い働きを知ているという感じでしょうか。

Jazz Funk Soulの作品は、全体的にジェフ・ローバーのアルバムに近い感じがあります。冒頭でスーパーグループと書きましたが、ジェフ・ローバーのユニットでの活動に近いのが実際のところ。曲調は、悪くいえばワンパターンということもできますが、彼の形がカチッと固まっているので、あまりに雰囲気の違う作品が出るということはないですね。
それぞれの曲が心地よく聴こえ心躍るから、どんな作品でも気持ちよく聴き込めるというのが魅力でしょう。

本作もご多分にもれずそんな印象があります。本アルバム個々の曲についてあまり詳しくは書きませんが、個人的に気持ちが高揚したのは、好きな人には一発でわかるマーカス・ミラーのベースから始まる Funkin’ In AZ でした。この曲では、メンバー皆がマーカス・ミラーのノリに引っ張られるような、そんな雰囲気を感じます。エヴァレット・ハープのプレイはまるで80-90年代のデヴィッド・サンボーンと錯覚しそうです。

必聴といえば、アルバムの最後を飾る “CSL”。Jazz Funk Soul のオリジナルメンバーで、2017年に他界したギタリスト、チャック・ローブに捧げる曲になっているようです。後任のギタリストであるポール・ジャクソン・ジュニアもちょっとチャック・ローブ風のフレーズを聴かせてくれたりして、ユニット活動当初の作品を思い出してしまいました。

Tracks:
01: Hustle
02: Keep Holding on
03: Funkin’ in Az
04: Forecast
05: Bouncing Back
06: Fish Grease
07: Count Me in
08: When the Time Comes
09: Hidden in Plain Sight
10: CSL (For Charles Samuel Loeb)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Jazz Funk Soul – Forecast CD アルバム 【輸入盤】
価格:3523円(税込、送料無料) (2022/11/20時点)

楽天で購入

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。