Jimmy Smith / Midnight Special

Jimmy Smith / Midnight Special

1960年録音、翌年1961年にリリースされたジミー・スミスの名作の一つと言っても良い作品です。

メンバーはJimmy Smith (organ)、Stanley Turrentine (tenor sax)、Kenny Burrell (guitar)、Donald Bailey (drums) というカルテット構成。こういう構成の場合は「弾きまくる」ジミー・スミスというよりは、メインはスタンレー・タレンタインやケニー・バレルに任せながらバッキングを行い、時折自らのソロを弾くといった感じになるのが興味深いです。

それにしても1曲目のアルバムタイトル曲の実にブルージーなこと。ゆったりとした気分になれます。ジミー・スミスのハモンドB3の音色も実に美しいし、ケニー・バレルのギターも言うまでもなし。”A Subtle One” や “Jumpin’ The Blues” で聴かせるタレンタインのスムーズなプレイも大好きです。アルバム全体もブルース・ジャズが溢れていて、カウント・ベイシーの”One O’Clock Jump” なんかもお気に入りです。

私はもともと、グイグイとねちっこく弾きまくるジミー・スミスが好きなので、本当は “Jumpin’ The Blues” のような雰囲気が好きなのですが、”Midnight Special” とかで聴かれる抑え気味な面も良いですね。とても好きなアルバムです。

Tracks:
01: Midnight Special
02: A Subtle One
03: Jumpin’ the Blues
04: Why Was I Born
05: One O’Clock Jump

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Jimmy Smith ジミースミス / Midnight Special + 1 【SHM-CD】
価格:1518円(税込、送料別) (2023/1/3時点)

楽天で購入

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。