Rascal Flatts / Me And My Gang

Rascal Flatts / Me And My Gang

Rascal Flattsの2006年発表の4thアルバム。

前3作までは多少アイドル的な取られ方をしたりしていましたが、本作はなかなかの力作になっています。

冒頭のドラマティックな”Stand”から全米大ヒットした必殺バラード、”What Hurts The Most”あたりの流れで私は完全にノックアウトされましたね。”What Hurts The Most”についてはまさに泣けるミュージックビデオが作られているので必見。

その後にも”Backward”のようなアップテンポのカントリー、大ヒットした”My Wish”のようなミッドテンポの曲などバラエティに富んだ曲が楽しませてくれる。

そして”What Hurts The Most”と並んでお気に入りなのが、アルバムのタイトル曲でもある”Me And My Gang”。これはカントリー色が薄い、かなりロック的なアプローチの曲。これはかなりドライブ感のある曲で乗れます。こちらのミュージックビデオもすごく良いです。ラスベガスの野外で撮影され、多くの観客を前に演奏する彼らを映したシンプルなものですが、今時のカントリーアーティストらしく、派手な花火のパフォーマンスがあったり、激しく動き回るヴォーカルのGary LeVoxを見れるのは非常にうれしい。つい自分もその場にいるのではないかと錯覚してしまう臨場感があるんです。日本にいると、動く彼らを見る機会がないのでなおさらです。

そしてラストの”He Ain’t The leavin’ Kind”でアルバムは幕を閉じる。

以上のように、バラエティに富んだ内容となっており、聴くものを飽きさせない構成は素晴らしい。カントリーの枠を超えて愛されるアメリカン・ミュージック・アルバムであり、当然のことながら発売から日が経った今でもヘビーローテーションとなっています。

なお、日本盤やダウンロードサイトなどでは、映画 “Cars” の主題曲である “Life Is A Highway” が収録されていて、こちらも素晴らしい出来である。オリジナルの Chris LeDoux のものにかなり忠実にアレンジされています。この Chris LeDoux バージョンも大好きな私としては、この曲も是非推したいです。

Tracks:
01: Stand
02: What Hurts The Most
03: Backwards
04: I Feel Bad
05: My Wish
06:: Pieces
07: Yes I Do
08: To Make Her Love Me
09: Words I Couldn’t Say
10: Me And My Gang
11: Cool Thing
12: Ellsworth
13: He Ain’t The Leavin’ Kind
14: Life Is A Highway

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。