Nathan East / Nathan East

Nathan East / Nathan East

コンテンポラリージャズのスーパーグループであるFourplayでのメンバーとして、またジャズだけではなくR&B、ロックなど、広いジャンルでの名ミュージシャンとして大活躍しているNathan East。かれこれ40年以上のキャリアになるのですが、実は初のソロアルバム。2014年に発表されたアルバムです。

今までの彼の活動を書き始めたら終わらなくなってしまうので、ウィキペディアとか彼のホームページで見ていただくとして、この作品。
主にカバー作品を中心とした構成になっています。

冒頭を飾るのが、カバーとは正直言いづらいFourplayの101 Eastbound。今所属しているグループの初期の作品なので、ソロでやる場合「これはカバー曲です」という雰囲気もないのですけど。オリジナルと比べるとやや雰囲気は異なります。

で次のSir Duke。言わずと知れたStevie Wonderの曲。この曲での、転調に次ぐ転調でのホーンセクションとのコンビネーションは、そのアレンジも含めてなかなか衝撃的。今までいろんなSir Dukeのカバーを聴いてきてますが、このアレンジは驚きです。
Stevie Wonderと言えば、本作ではOverjoyedも収録。ここではStevieご本人がハーモニカで参加して大活躍。

その他にも豪華ゲストが多数登場。Michael McDonaldはVan Morrison作のMoondanceで登場。これは私にとってベストトラック。Michael McDonaldのヴォーカル、魅力強くでこの曲にぴったり合っていると思います。そのMichael McDonaldがオリジナルであるI Can Let Go NowではSara Bareillesが、Can’t Find My Way HomeではEric Claptonが参加。カバーしている曲もビートルズのYesterdayや、パット・メセニーのLetter From Home、ウェス・モンゴメリーのFour On Six (これはかなり正統的なジャズといった感じ)など。オリジナル曲では、小田和正が本作のために Finally Homeという曲を書き下ろしているのも注目。

全般的に、彼のキャリアらしくバラエティに富んだ内容となっていて、楽しめる作品となっています。マーカス・ミラーのような派手さはないけれど、落ち着いて聴けるところがこの作品の魅力です。2017年初めには、新作が発売されるので、こちらも楽しみです。

Tracks:
01: 101 Eastbound
02: Sir Duke
03: Letter From Home
04: Moondance
05: I Can Let Go Now
06: Daft Funk
07: Sevenate
08: Can’t Find My Way Home
09: Moodswing
10: Overjoyed
11: Yesterday
12: Finally Home
13: Madiba
14: America The Beautiful
15: Four On Six

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nathan East [ ネイザン・イースト ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2022/11/14時点)

楽天で購入

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。