Chris Stapleton / Traveller

Chris Stapleton / Traveller

 2015年に発表されたカントリーシンガー、初のアルバムです。
1978年生まれのChris Stapletonは、元々ソングライターとして活躍していて、2000年台前半から様々な曲を提供してきていました。私がTrace Adkinsを聴くきっかけになった2003年の”Swing” や、Darius Ruckerの “Come Back Song” といったヒット曲なんかは彼の作品で、いわば満を持してのソロアルバムという感じです。2015年11月には全米ポップアルバムチャートで1位を獲得しています。

 全体的には、彼が過去に提供してきた曲の雰囲気からも察するように、カントリーの中でも特にサザンロックの影響が強めのサウンドとなっています。
 ヴォーカルも力強くて骨太な感じで、むしろカントリー寄りのサザンロックといった方が近いのかもしれません。最近主流になってきている、ロックっぽいカントリーの作品と比べると、マンドリンやアコースティックギターの使い方が多い感じですので、音のエレクトリックさは少ないです。
Lynyrd SkynyrdとかCharlie Daniels、Waylon Jennings、Hank Williams, Jr. あたりの雰囲気が好きな方は絶対気に入ると思いますので、是非聴いてみてほしいと思います。

 収録されているのは全14曲。うち12曲はChris Stapletonの作品で、その他 “Tennessee Whiskey”はDavid Allan Coeの80年代の作品でGeorge Jonesが歌ってヒットした曲、”Was It 26″はCherlie Danielsが1989年にリリースした “Simple Man”に収録されていた曲で、Don Sampsonの作品。この2曲とも、懐かしさもあるのでしょうがとても良いカバーだと思いました。

 オリジナル曲では、ヒットした”Traveller”や”Parachute”あたりがオススメかと思います。多少ポップ寄りの方が良いのであれば、”When The Stars Come Out”とかがいいと思います。

Tracks:
01: Traveller
02: Fire Away
03: Tennessee Whiskey
04: Parachute
05: Whiskey And You
06: Nobody To Blame
07: More Of You
08: When The Stars Come Out
09: Daddy Doesn’t Pray Anymore
10: Might As Well Get Stoned
11: Was It 26
12: The Devil Named Music
13: Outlaw State Of Mind
14: Sometimes I Cry

(Apple Music)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。