Stanton Moore / Conversations

Stanton Moore / Conversations

 この4月に来日公演を行うStanton Mooreの2014年作品。
メンバーは、以前からStanton Moore Trioとして活動しているJames Singleton (bass)、David Torknowsky (piano)とStanton Mooreの3名。

Stanton Mooreは、出身であるニューオリンズをベースにした、グルーヴィーで正確なジャズドラミングが持ち味です。ニューオリンズジャズは、日本では今ひとつメジャーなジャンルになりきれていない気がするのですが、4ビートをベースにした独特のリズムを刻む彼のドラミングを聴くと、これぞ本場のジャズ、と言えるのではないでしょうか。音楽好きなら、MetersやDr. John、Dirty Dozenと言った、セカンドラインファンクのアーティストの音楽と非常に通じるところがあって、Stanton Mooreの音楽の根っこはこう言ったアーティストとつながっていることがわかると思います。

キレのいいStanton Mooreのドラムス、転がるような、これぞニューオリンズと言えるDavid Torknowskyのピアノ、ブルージーなJames Singletonのベース、全てが見事に調和していてとても心地よいです。こんなジャズが日本でも普通に聴ければいいのにと思います。4月の公演が待ち遠しく感じる今日この頃。

Tracks:
01: Lauren Z
02:Carnival
03: Driftin’
04: Magnolia Triangle
05: Waltz For All Souls
06: Tchefunkta
07: The Chase
08: Big Greaze
09: In The Keyhole
10: Paul Barbarin’s Second Line
11: Prayer

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。