Kirk Whalum / Roundtrip

Kirk Whalum / Roundtrip

サックスプレーヤー、Kirk Whalumの最新作(2007年発表)。
今までは名前を知っているという程度で、知識としてはせいぜいBob Jamesのバンドで有名になった、という程度でした。お恥ずかしい限りです。

彼のアルバムを通して聴くのは初めてだったが、これはすごくいい。基本的にはスムーズ・ジャズと言っていいと思うのですが、その中にはしっかりと南部の黒人音楽が根付いているところが個人的にはお気に入りです。

この中でも一番気に入ったのが”Ruby, Ruby, Ruby”。Kirk Whalumの「歌うような」サックスが、Earl Klughのアコースティックギターと見事に溶け合い絡み合って、この上なく気持ちよい曲に仕上がっています。

これ以外には、ドライブ感のある”Courtney”、”Big Ol’ Shoes”、ファンキーな”Back In The Day”、まさにスムーズジャズの王道を行く”Roundtrip”あたりがとても気に入っています。

これ以外にもShaniceのヴォーカルをフィーチャーしたしっとり系の”Inside”もいいし、Kim Fields (これは女優の?)の、個人的にはグッと来てしまう艶っぽい「ささやき」をフィーチャーした”In A Whisper”もかなり良く、外し曲が全くありません。

このアルバムを聴いて、Kirk Whalumって曲の雰囲気、歌の雰囲気を非常に大切にしている演奏をする人だなと思いました。ヴォーカルがフィーチャーされた曲での「出しゃばらなさ」と言い、前述のEarl Klughとの見事な絡み合い方の按配といい…、この微妙な雰囲気を大切にする彼の演奏は素晴らしいと思いました。

Tracks:
01: Courtney
02: Desperately
03: Ruby Ruby Ruby (featuring Earl Klugh)
04: Glow (featuring Jeff Golub)
05: The Wave
06: Big Ol’ Shoes
07: Inside (featuring Shanice)
08: In A Whisper (featuring Kim Fields)
09: Roundtrip (featuring Kenneth, “Peanuts”, Kyle, And Kevin Whalum)
10: Back In The Day (featuring “Caleb Tha Bridge” And Gerald Albright)
11: Afterthought

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。