John Prine / The Tree Of Forgiveness

John Prine / The Tree Of Forgiveness

 2018年発表のJohn Prineの2年振りの作品。ただ、過去の数作品は本人作品が未収録でしたので、本人の作品が収録されている作品としては13年振りの作品です。

 今年のビルボードアルバムチャートにおける「春の珍事」と言えるのは、何と言ってもこの作品が初登場5位にランクインした、と言うことでしょうか。今までトップ5はおろか、前作 For Better, Or Worseの最高位が30位だったJohn Prineが、いきなりの初登場5位。私は4月28日付のチャートを見て目を疑いましたので。

 John Prineはもともとはフォークシンガーとして音楽活動を開始して、1971年にデビューアルバムを発表したわけですが、当時からボブ・ディランのフォロワー的な位置付けにいた人です。その後フォーク、フォークロックのジャンルで、近年はかなりカントリー寄りの作品を発表していました。

 さて本作も、フォークと言うよりはかなりトラディショナルなカントリーの香りのする作品です。曲は全体的にラブソングが多い印象ですね。言葉が美しいので、歌詞にもぜひ注目してほしいと思います。
個人的な推し曲は、ユーモラス感のあるEggs & Daughter Nite, Lincoln Nebraska, 1967と、Amanda ShiresとJason Isbell夫妻のバックヴォーカルが美しいGod Only Knowsです。

Tracks:
01: Knockin’ On Your Screen Door
02: Have Met My Love Today
03: Egg & Daughter Nite, Lincoln Nebraska, 1967 (Crazy Bone)
04: Summer’s End
05: Caravan Of Fools
06: Lonesome Friends Of Science
07: No Ordinary Blue
08: Boundless Love
09: God Only Knows
10: When I Get To Heaven

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。