Fourplay / X

Fourplay / X

スムーズジャズ界のスーパーグループであるFourplayによる、通算10作目となる2006年作品です。

Bob James, Nathan East, Harvey Mason, Larry Carltonの4名による演奏のレベルの高さはさすがですね。

例によって、それぞれのメンバーが曲を持ち寄ったような選曲になっていまして、「あ、この曲はBob Jamesのだ!」「これはLarry Carlton!」の様に、曲ごとにメンバーの個性の違いがよく分かる内容となってます。
こういうスムーズジャズのようなタイプの音楽は、ヘタをするとマンネリズムに陥る危険性が高く、彼らも正直危ない感じがないでもないんですが、「変わらず安心して聴けるFourplayのアルバム」という評価は出来るのかなと思います。(好きだから)
ただ、もしかしたらもう飽きてしまっている人もいるのではないかという心配はあるんですね。

私としては、比較的リズムがしっかりしていて、ギターがメインで、なおかつ途中にピアノソロが挿入されているタイプのような曲が好きで、本作にもそういう曲が “Cinnamon Sugar” の他にも “Kid Zero” 、”Be My Lover” と3曲収められているので、Fourplayのアルバムの中でも好きな部類に入ると思っています。

あとはSteve Winwoodのヒット曲 “My Love’s Leavin'” のリメイクは良かったです。Michael McDonaldがリードヴォーカルで参加しています。
それにしても、Michael McDonald のヴォーカルは個性が強いですね。Fourplayのアルバムを聴いていることを忘れてしまう程です。見方を変えると、このアルバムの中ではちょっと浮いてしまった存在に聴こえなくもない。個人的にはMichael McDonaldは好きなので嬉しい収録だと思っているが、この曲については、もしかしたら賛否が分かれるところかもしれません。

Tracks:
01: Turnabout
02: Cinnamon Sugar
03: Eastern Sky
04: Kid Zero
05: My Love’s Leavin’
06: Screenplay
07: Twilight Touch
08: Be My Lover
09: Sunday Morning

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。