Tom Waits / Frank’s Wild Years

Tom Waits / Frank’s Wild Years

トム・ウェイツの1987年作品です。
本作、同名のミュージカルのサウンドトラックという位置付けです。自身の妻であるKathleen Brennanの脚本によるもので、1986年に上演されたもの。このミュージカルの内容については詳細を知らないのでここでは省きますが、彼の生きざまが投影された物語らしいです。そう言えば、本作の2作目前の “Swordfishtrombones” に “Frank’s Wild Years” と言う曲があって、そこからの流れなのでしょう。

アルバムの方に注目してみると、参加メンバーに Marc Ribot の名前をあちこちに見かける。恐らくトム自身が映画俳優として素晴らしい俳優ぶりを見せた、ジム・ジャームッシュ監督の「ダウン・バイ・ロー」で共演したジョン・ルーリーからの流れでの起用だと思います。Marc Ribot ならではの、かなりアヴァンギャルドなギターが随所に聴かれます。
また、Los Lobos のメンバーである David Hidalgo も後半の2曲で参加していて、悲し気なアコーディオンに乗せた Tom Waits のダミ声が、安酒場で入り浸っているような彼を投影させるのです。

それから特筆すべきなのは、特に冒頭の “Hang On St. Christopher” で聴かれるような特殊なヴォーカル処理です。これは資料を調べてみると、空き缶にマイクをくっつけた自作のマイクとのこと。遠くからエコーを利かせた、つぶれたような声は一種気味悪ささえ感じるのですが、これも彼ならではのものだなあと思います。また、ニューヨーク、ラスヴェガス、カリブ、メキシコを旅するような雰囲気にも満ちていて、これまさにTom Waitsの世界、といった感じがします。”Straight To The Top” でのラスヴェガスヴァージョンは、収められた他の曲と比べるとラスヴェガスのショウといった面持ちで、余りのハマり方にニヤッとさせられます。

このアルバムでミュージカルを見たような気分になってしまいます。実際に、このミュージカルの方も見たくなってしまうような気にさせられる作品となっています。

Tracks:
01: Hang On St. Christopher
02: Straight To The Top (Rhumba)
03: Blow Wind Blow
04: Temptation
05: Innocent When You Dream (Barroom)
06: I’ll Be Gone
07: Yesterday Is Here
08: Please Wake Me Up
09: Frank’s Theme
10: More Than Rain
11: Way Down In The Hole
12: Straight To The Top (Vegas)
13: I’ll Take New York
14: Telephone Call From Istanbul
15: Cold Cold Ground
16: Train Song
17: Innocent When You Dream (78)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。