Neil Young & The Bluenotes / This Note’s For You

Neil Young & The Bluenotes / This Note’s For You

ニール・ヤングによる1988年リリースのアルバムで、古巣のRepriseレコード復帰第1弾です。
1980年代のニール・ヤングは、Repriseレーベルからテクノポップ、カントリー、ロカビリーと縦横無尽のジャンルに走り、アルバムの発表の度に聴く側を驚かせていました。本作は、一言でいうならブルースジャズ系。もちろん我々は本作のニュースに驚きと「あ、またか…」という印象を持ったものです。

The Bluenotesというバンドは、9人構成のホーンセクション中心のメンバー。このアルバムの為に結成されたのち、しばらく小さなホールを中心にライブ活動を行っていました。この9人の中には、ニールとの付き合いが長い Rick Rosas (bass)と Ben Keith (Sax)が含まれていました。

分厚いホーンが鳴り響く中、Neilのギターが唸るというのはなかなか新鮮です。特に”Hey Hey”での強烈なスライドギターとホーンの掛け合いは聴きどころです。”This Note’s For You”での風刺や批判をストレートに表した歌詞、”Coupe De Ville”での渋いヴォーカルとギターもなかなか素晴らしいです。そして、どれも格好良過ぎ。

そういえば、”This Note’s For You”のプロモーションビデオの内容が、ギャラのため・政治家のために音楽をやっている人への皮肉が強すぎたため、放映が自粛されてしまったということもありました。マイケル・ジャク○ン(のそっくりさん)の髪の毛が焼けたり、そのショックで這いずり回った彼が、ホイットニー・ヒュース○ン(のそっくりさん)の髪の毛を引っ張ったらカツラだった、とか、まあやり放題。私にとっては、この時期のミュージックビジネスのバブリーな雰囲気にグサッと釘を刺す、そんな気分にさせる痛快なものでしたね。

このアルバムが発表されてから間もなく、ニールの15年振りの来日が決定し、私はこのアルバムを何度も聞いて予習したことも思い出します。

Tracks:
01: Ten Men Workin’
02: This Note’s For You
03: Coupe De Ville
04: Life In The City
05: Twilight
06: Married Man
07: Sunny Inside
08: Can’t Believe Your Lyin’
09: Hey Hey
10: One Thing

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。