Brad Paisley / Play: The Guitar Album

Brad Paisley / Play: The Guitar Album

 年末にTaylor Swiftのレビューを書こうとしたときに入手して、つい聞き入ってしまったアルバム(そのせいでTaylor Swiftの投稿が遅れてしまいました)。2008年11月発売の作品である。

 ここ最近のBrad Paisleyのアルバムのリリース頻度は高い。ここ3年連続発表されている。本作は何と、副題にもあるようにギターのインスト中心のアルバム。収録されている16曲中11曲がギターのインスト曲である。

 以前のアルバムでも、ギタリストとしてのBradの実力・魅力を強く感じていたので、本作は、実はBradが今一番やりたいことが実現できたアルバムなのではないかと思う。全てのものから解放されたかのような、突き抜けた感じの演奏。カントリー色満載の曲ばかりと思いきや、あれ?こりゃベンチャーズ!の Turf’s Up、Bradと系統は違うが同じくギターキッズであるKeith Urbanとの掛け合いのギターソロが思いっきり堪能できる Start A Bandなどの曲は、爽快感に満ちていて、聞いていてとても気持ちがよい。

 後半は、過去にも競演したことのあるJames Burton, Vince Gill, Albert Leeなどといった名打てのセッションギタリストとのコラボレーションである Cluster Pluck、そしてあのB.B.Kingとの競演である Let the Good Times Roll などの豪華な顔ぶれとのセッションが聴き所である。これら大物と本当に対等に張り合っているのを聞くと、Brad自身かなりの実力派であることがよく分かる。

 このアルバムとはしばらく長い付き合いが続きそうな気がする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。