Joe Ely / Live At Liberty Lunch

Joe Ely / Live At Liberty Lunch

 一直線のアメリカンロックを聴かせるJoe Elyが1989年に発表したライヴアルバム。彼の地元、テキサス州オースティンでの収録である。

 バンドはJoe Elyの他、Jimmy Pettit (bass)、Davis McLarty (drums)、David Grissom (guitar)の4人。いずれも無名ではあるが、シンプルでストレートなアメリカン・ロックをきっちり演奏してくれる。David Grissomのギターはアメリカンロックの中でも、どちらかと言えばヘビーな音を聴かせてくれている。

 全13曲中Joe Ely作のものは8曲(共作含む)。歌自体は別段うまいという感じではなく、声に特徴があるので好き嫌いが分かれるかも知れないのが心配だが、まあ演奏についてはアメリカンロック好きにはたまらないだろう。むしろ声よりもギターをソロでかき鳴らしたり、あるいはバンド演奏のきっちりさを聴いてしまうと、このアクのある声さえ気にならないかもしれない。知る人ぞ知る、と言う感じの、南部寄りの正真正銘のアメリカンロックを楽しめるのは確実。もしGeorge Throgoodが好きなら間違いなく気に入るはずだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。