The Dirty Dozen Brass Band / Live: Mardi Gras in Montreux

The Dirty Dozen Brass Band / Live: Mardi Gras in Montreux

 1986年作品。前年 (1985年) にスイス・モントルーで開催された、Montreax Jazz FestivalでのDirty Dozen Brass Band (以下DDBB) のライブアルバムである。私は知らなかったのだが、本作はDDBBが世界中に知られることになった、いわば出世作だと言うことだ。今までこのアルバムをそのような知識なしに聴いていたのだが、本作での演奏が世界で認められた、ということは非常にうなずける、そんな感想を持った。

 とにかく、まず楽しい。伝統的なニューオリンズジャズを前面に押し出しているが、案外この類いの音楽を聴いたことのない人は多いと思うから、是非聴いてみて欲しいと思う。心から揺さぶられるように身体が踊りだしてしまう、そんな感じだ。トランペット、テナー・バリトン・ソプラノの各サックス、ソーサフォン、そしてベースドラムとスネアドラムという構成から想像できるように、カラフルな音色の管楽器がこれでもかとメロディを奏でる。リズムは当然のことながらこの地域の音楽らしくセカンドラインを奏でる。この自然に身体が動いてしまうような、楽しくてファンキーな感じが、DDBBの魅力である。

 選曲も、彼らのオリジナルを中心にしながら、セロニアス・モンクの “Blue Monk / Stormy Monday” や、TVマンガや映画でおなじみの “Flintstone”のテーマ曲にアメリカ国歌が絡んでくる “The Flintstones Meets The President (Meets The Dirty Dozen)” など、バラエティに富んでいる。ニューオリンズ音楽ではおなじみの、プロフェッサー・ロングヘアー作 “Mardi Gras In New Orleans” も収録。彼らの魅力を知るには非常に取っ付きやすく、そして素晴らしい作品となっている。アルバムの最初から最後まで一気に聴き通してしまい、爽快感が残る名作だと思う。

 アメリカらしい音楽をこういう形で世界に発表してくれたRounder Recordsに感謝、感謝の1枚である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。