David Sanborn / Hearsay

David Sanborn / Hearsay

 人気サックスプレーヤであるDavid Sanbornの1994年作品。
 1980年代後半辺りから、Marcus Millerのプロデュースにより今までのメローなサンボーンからファンクの影響を受けつつあったDavid Sanborn。前作あたりからその度合いが強くなってきたが、本作でもファンクのりの曲揃いである。

 ともかく冒頭の “Savanna” でノックアウトして頂こう。前作辺りから顕著になってきた激しいドラムスと南部の香りがプンプンするオルガンに、エモーショナルなサンボーンのサックスが絡んでくる。ファンクさに磨きがかかり、とにかくノレる、ノレる。

 従来のメロー路線がお好きな向きには “The Long Goodbye”、”Mirage” 辺りがお勧め。ただ、このタイプの曲は本作では珍しいので要注意。
 ”Little Face” や Marvin Gaye作でおなじみの “Got To Give It Up”、タイトルが曲調を表す “Back To Memphis” のようなブルージーなもの、そしてファンク爆弾連続投下!と言う感じの”Jaws”、”Big Foot”、アフリカ系のリズムが印象的な “Ojiji”など、ともかくリスナーを聞き飽きさせない構成は見事。当然のことながら彼ならではの美しいアルトサックスのテクニック、感情表現は唯一無二。聴き込んで行けば行く程、この作品の良さに気付いてくるはずだ。私にとっては、朝の通勤時に聴けば眠たい目も一発で覚める、そんな覚醒効果も絶大な作品である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。