Linda Ronstadt & The Nelson Riddle Orchestra / What’s New

Linda Ronstadt & The Nelson Riddle Orchestra / What’s New

 ウエストコーストの歌姫と言えるLinda Ronstadtが、初めてNelson Riddle Orchestraとがっぷり四つに組んだ1983年発表のスタンダードアルバム。このアルバムが発売された当初は確かに話題になったが、当時高校生であった私は、彼女の前作であったポップアルバム “Get Closer” が思うようなセールスを上げられなかったため、第二のバーブラ・ストライザンドを狙ったのでは、という程度にしか考えていなかった。確かにヴォーカルはうまいし艶もあるので良い出来だなとは思ったが、皆が知っているスタンダード曲だけ歌うシンガーになってしまい、いつの間にかポップシーンから消えて行ってしまうのではないかと正直危惧していた。というわけで、当時はあまり良い印象を持たない音楽であった。高校生にとっては退屈な種類の音楽でもあったわけだ。

 そして大人になって、改めてこのアルバムを聴いてみると、これが大きな間違いであることに気付いたのであった。昔から気付いてはいたことだが、何と言っても彼女のヴォーカルのうまさ、というのが光る1枚なのである。そして何と言っても子供には分かりにくい、艶っぽさというのを強く感じるのである。今までスタンダード曲はいろいろなポップアーティストによって取り上げられたのであるが、彼女のヴァージョンのものが一番素晴らしい。彼女の抑揚のある表現力とそれから生まれる色気と言うのはなかなか彼女の以前のアルバムでは体験できなかった。彼女の新境地を開くきっかけになり、その後数枚のスタンダード物を発表していずれも好評だったのが今さらながらうなずける。
やはり大人らしく、街が寝静まった夜中にしっとりと聴き続けて行きたい、そんなアルバムである。

 それにしても、このアルバムのジャケット(CDで言うと、ライナーの書かれている方の裏表紙に当たる部分)に彼女のポップアルバム用っぽい写真があるのは何故だろうか?これは未だに不思議である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。