Various Artists / Folkways: A Vision Shared – A Tribute to Woody Guthrie And Leadbelly

Various Artists / Folkways: A Vision Shared – A Tribute to Woody Guthrie And Leadbelly

 1988年に発表されたコンピレーションもの。タイトルをご覧になってお分かりの通り、アメリカのルーツミュージックの一つであるフォークミュージック、その中でも国宝並みの存在と言えるWoodie GuthrieとLeadbellyの2人の歌に対するトリビュート・アルバムである。

 まあ、アメリカの音楽の礎となったシンガーたちのトリビュートに集まる人ったら、すごいものがある。Bob Dylan, U2, John Mellencamp, Bruce Springsteen, Little Richard, などなど。そうそうたる面々である。彼らは思い思いにガスリーやレッドベリーの曲を気持ちよく、リラックスしながら自分の曲のように消化しつつ演奏している。これがトリビュートの良いところだろう。この作品では、この「気持ちよさ」「リラックスさ」がすごく前面に出ていて、聞いているこちらも本当に気分が良くなってくる。

 比較的オリジナルに近い、フォークのタッチで表現するArlo Guthrie (ウディーの息子ですね) やWillie Nelsonと言ったカントリーからのアプローチの人もいれば、U2やBruceのようにロックからのアプローチをする人もいる。Little Richardは、共演しているFishboneと一緒に、真性ロックンロールで表現。一寸変わったところではTaj Mahalのルーツミュージックさ。昔まさに目の前 (距離にして2~3メートル)でライブを見たことがあるが、これを思い出してしまう。

 そして、本作品で私が一番好きなのは、伝説化しつつあるBrian Wilsonである。一番最初にこの作品のことを聞いたとき、Brian Wilsonの名前を見つけてアメリカン・フォークソングをどのように演奏するのかなあ、と興味深かった。で、いざ聞いてみると、これが完璧にBrian Wilsonの世界、ビーチ・ボーイズの世界と言っても良いだろう、多くのミュージシャンがカバーしている “Goodnight, Irene” を、まさにあの声とアレンジメントで演じるのである。この素晴らしさ、美しさに思わず感涙しそうになってしまった。

 数あるトリビュート系のコンピレーションの中では、殊更アメリカの音楽を取り上げたものは最高品質のアルバムと言えるだろう。アメリカ音楽を知ろうとしたときに入門版としてはうってつけの作品だと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。