David Lindley & El Rayo-X/ Win This Record!

David Lindley & El Rayo-X/ Win This Record!

 1982年の作品。基本的にDavid Lindleyの作品は理屈抜きに楽しめるのであるが、なぜか本作については身体が自然に動きだす様な、あの雰囲気が不思議と少ない気がするのがこの作品の特徴である。本作に収められている “Turning Point”、”Spodie”、”Talk To The Lawyer”と言ったところは、ライブではかなり盛り上がる曲なのだが、オリジナルのスタジオ録音であるこのアルバムでは、どちらかというと地味な位置づけになってしまっている。

 理由ははっきりしないのだが、抜けきった明るさを感じさせない何かがあるのだろう。私は、上述した曲が、ライブではドライブ感のあるテンポがあるのに対し、アルバムでは若干スローテンポになっているからではないか、と思う。

 とは言っても、聴き様によっては、ニューオリンズR&Bの名曲で、無数のアーティストが取り上げている “Brother John”でのゆったりとしたレゲエ調のリズム、それ以外の曲もアメリカン・ロックを彼らしく「楽しく」アレンジしているところなど、聴き所は多い。ただ、ライブ感に欠けている感は否めないので、脳天気に楽しむならライブアルバムか、本作以外のスタジオ作品の方がお勧めかもしれない。

 なお、”Turning Point”には、あのBooker T. Jonesがオルガンで参加しているので、その筋に興味のある方は是非どうぞ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。