Dan Fogelberg / Windows And Walls

Dan Fogelberg / Windows And Walls

 ”Windows and Walls”はDan Fogelbergの1985年作品である。前作”The Innocent Age”が大ヒットした後の作品ということもあり、相当なプレッシャーだったと思うが、地味ながらも前作レベルに近い作品になっていると思う。

 まずはシングルカットもされた”The Language of Love”から幕を開ける。彼らしいキャッチーな作品。ちょっとポップ過ぎるかなと言う嫌いがあるが。
(余談だが、この曲のリフが、Rolling Stonesの”Start Me Up”っぽいところも聴き所。)
次のアルバムタイトル曲”Windows and Walls”、”The Loving Cup”、”Tucson, Arizona (Gazette)”は、地味だが彼らしいアコースティックギターをしっかりメインに置いたいい曲。特に、”Tucson, Arizona (Gazette)” は8分を超える大作で、どちらかと言えばたんたんと語られる物語と言う感じの曲であるが、決して飽きさせず、メロディ的にもドラマティックな仕上りとなった名曲である。

 後半に入ると、”Let Her Go”のようなロック調の曲があったりもするが、彼らしい必殺バラード、”Sweet Magnolia”、”Believe in Me”と言ったところが最大の聴き所。そして最後は、前作”The Innocent Age”でいうところの”Ghost”のようなタイプの”Gone Too Far”で締めくくる。

 最初に書いたとおり、本作は地味ではあるが、味わい深い佳曲揃いのいい作品である。ただでさえ過小評価されているDan Fogelbergの作品の中でも、最も過小評価されているアルバムと思っている。

Tracks:
01: The Language Of Love
02: Windows And Walls
03: The Loving Cup
04: Tucson, Arizona (Gazette)
05: Let Her Go
06: Sweet Magnolia (And The Traveling Saleman)
07: Believe In Me
08: Gone Too Far

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。