Paul McCartney / Tug Of War

Paul McCartney / Tug Of War

 1982年の作品。前作”McCartney II”の発表の後、あのJohn Lennonの死という大事件を経て約2年後に世に出た作品ということになる。
(あと、この間にはポールが日本で逮捕、なんてこともあった)

 そんなこともあり、ポールの新作はジョンに対する追悼作品なのかな、と当初思ったものだ。しかし実際には、本作のラストナンバーでもあるStevie Wonderとの「世紀のデュエット」、”Ebony and Ivory”が物凄い話題となったのであった。先行してこの曲がリリースされた当時、私の中では、ジョンとポールの確執?なんてことが頭をよぎったものだ。なおStevieとは”What’s That You’re Doing?”という曲でも共演している。

 で中身であるが、これが珠玉のポップ集なんである。特に1曲目のタイトルチューンに続きフェードイン気味に始まる”Take It Away”は名曲中の名曲。歌詞も教科書のように分かりやすい韻を踏んでいるし、ポールの優しい歌声と分厚いバックコーラス(リンダの声ももちろんしっかり聴こえる)、爽快なホーンセクション…。ポップとはこういうものなんだよ、とポールに言われている気になってしまう素晴らしさである。

 これ以外にも歌い上げ系・しっとり系のいかにもポールらしい”Wanderlust”や”Somebody Who Care”のような曲も勿論収録。その上”Ebony and Ivory”も収録されているわけだから、もう文句のつけようがない名作なんである。当然私にとっての、ポールのフェイバリット・アルバムであることは言うまでもない。

 で、最後にあの曲のことを。あの曲とは”Here Today”である。どうやらこの曲が亡きジョンに捧げた曲である。本作では群を抜いた物悲しさに包まれたこの曲は、ジョージ・マーチンのストリングス・アレンジメントといい、どこかしら “Yesterday” を彷彿とさせる雰囲気となっている。

Tracks:
01: Tug Of War
02: Take It Away
03: Somebody Who Cares
04: What’s That You’re Doing
05: Here Today
06: Ballroom Dancing
07: The Pound Is Sinking
08: Wanderlust
09: Get It
10: Be What You See
11: Dress Me Up As A Robber
12: Ebony And Ivory

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。