Neil Young / Mirror Ball

Neil Young / Mirror Ball

 Neil YoungがPearl Jamとがっぷり四つになって制作した気合いの入った1枚 (1995年発表)。アルバムにはPearl Jamのクレジットはないが、メンバー全員がクレジットされているので、事実上Neil Young and Pearl Jamのアルバムと言うことができる。

 期待通りにラフな雰囲気の曲が多くて、とてもカッコいい。特に冒頭の”SONG X”、”Act Of Love”や、あのJ-WAVEでも良くかかっていた”Downtown”なんかは、レコーディングの状態そのままをアルバムにした臨場感があり、たまらない。
“What Happened Yesterday”ではNeilのパイプオルガンが光る、後半へのプロローグと言った趣の曲。

 後半も同じような展開が続く。ライブでも良く演奏される7分超の”Peace And Love”あたりはいかにもCrazy Horseをバックに従えた雰囲気もある。ドライブ感のある”Throw Your Hatred Down”、Neil Youngのどっしりした存在感が溢れる9分近い”Scenery”などなど、聴き所は満載。Neil YoungにPearl Jamの各メンバーが「引っ張られて行ってる」と言う感じであり、改めてNeil Youngの存在の大きさを感じさせる。

 最初から最後までひたすらNeil Youngらしいロックンロールを聴かせるこのアルバム、ロック界の最先端を突っ走る貫禄がそのままアルバムとして仕上がった感がある。1990年代のNeil Youngの一連の作品では紛れもなく最高のロックアルバムである。

Tracks:
01: Song X
02: Act Of Love
03: I’m The Ocean
04: Big Green Country
05: Truth Be Known
06: Downtown
07: What Happened Yesterday
08: Peace And Love
09: Throw Your Hatred Down
10: Scenery
11: Fallen Angel

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。