Zapp / Vibe

Zapp / Vibe

1989年の作品で、Zappとしては5作目になる。本作は、冒頭の”Ooh Baby Baby”がフェードインで入ってきて始まる。いきなりSmokey RobinsonやLinda Ronstadtの大ヒットで知られるバラードから始まるという驚きである。しかもこれがとても美しいバラードに仕上がっている。

2曲目からは中心人物であるRoger Troutmanを中心としたファンクナンバーが続く。当然のことながら、Rogerのギターとトーキングボックスを駆使したエネルギッシュでカッコ良いパフォーマンスである。あいだに元祖オハイオファンクのOhio Playersがオリジナルの “Fire”、バラード”Been This Way Before”をはさみつつ、あくまでファンク攻撃である。ブルースナンバー”Sad-Day Moaning”も織り込みながら、最後の”Jake E. Stanstill”で締める。

ということで、聴く側に体力を使わせるなかなかの力作である。ただ欲を言えば、本作の前後に発表されているRoger Troutmanのソロアルバムにテイストがかなり近くなってしまっている、ということだろうか。音としては好きなのだが、従来聞かせてくれていたZappファミリーとしてのオハイオ直系のグルーヴが余り聞かれず、結果として独特の音作りからかなりポップになってしまってるな、というのが正直な印象である。

なお、本作はRoger、Larryが生存中にリリースされた最後のZapp作品である。

Tracks:
01: Ooh Baby Baby
02: I Play The Talk Box
03: Stop That
04: Fire
05: Been This Way Before
06: Back To Bass-iks
07: Jesse Jackson
08: Ain’t The Thing To Do
09: Sad-day Moaning
10: Rock Star
11: Jake E. Stanstill

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5 [ ザップ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/11/14時点)

楽天で購入

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。