Maze featuring Frankie Beverly / Lifelines – The Greatest Hits of Maze featuring Frankie Beverly

Maze featuring Frankie Beverly / Lifelines – The Greatest Hits of Maze featuring Frankie Beverly

1976年にSan Franciscoで結成されたFrankie Beverly率いるMazeの、キャピトルレコード所属時代のベスト盤である。(1988年リリース)

1976年のデビューアルバム”Maze featuring Frankie Beverly”から1985年の”Can’t Stop The Love”までの作品からの選曲。基本的にスイートでありながら熱いという、彼らならではのソウルフルな楽曲を堪能できる。リーダーでありリードヴォーカリストであるFrankie Beverlyのフィラデルフィアソウルを感じさせるヴォーカルも大変な魅力である。
(バンドはSan Francisco結成だが、Frankie BeverlyはPhiladelphia出身)

“Joy And Pain”と”Before I Let Go”の2曲については、オリジナルバージョンと、80年代前半のラップ草創期を支えたKurtis BlowやWoody Woodのラップをフィーチャーしたリミックスバージョンが収録されているので、これらを聴き比べてみるのも良い。
“Before I Let Go”は、Mazeらしさを壊すことなく比較的原曲に近いアレンジであるにもかかわらず、Woody Woodのペースを生かしている。一方対照的なのは名曲”Joy And Pain”で、原曲がかなりスイートな楽曲なのだが、Kurtis Blowにより、かなり「踊りやすい」タッチとなっているが、淡々と刻まれるグルーヴに引き込まれる。

昔流行ったコトバ的には”Quiet Storm”なソウルサウンドだが、このグルーヴはクセになるので、是非一度は聴いてみることをお勧めしたい。

Tracks:
01: Joy And Pain (Featuring Kurtis Blow)
02: Golden Time Of Day
03: Happy Feelin’s
04: Back In Stride
05: Before I Let Go (Featuring Woody Wood)
06: Running Away
07: While I’m Gone
08: Southern Girl
09: Joy And Pain (Original LP version)
10: Before I Let Go (Original LP version)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。