2008年にリリースされた、徳永英明のベストアルバムです。

彼にとって2008年はカバーアルバムなどのヒットで大きな注目を浴び、また年末には紅白歌合戦にも出場し、充実した年となったと思います。

デビューシングル 「レイニーブルー」を始めとして、2008年のドラマ「モンスターペアレンツ」主題歌の「愛が哀しいから」まで、彼がデビュー以来リリースした全シングル曲から選ばれた28曲が、発表順に収録されています。

私のように、随分前より浅く広く聴いていた人から、カバーアルバム辺りで彼の歌声に見せられた人まで広く勧められる作品だと思います。若干曲数が多いような気もしないではないが、1986年のデビューから40曲以上のシングルを出している彼でもあるし、その全てを収めているわけではないので、28曲までしか絞れなかったということなのでしょう。

過去に何枚もベストアルバムをリリースしていますが、変にコンセプトを決めず、自然に選曲されたとてもよいベストアルバムだと思います。

Tracks:
(Disk 1)
01: レイニーブルー
02: 輝きながら…
03: 風のエオリア
04: 最後の言い訳
05: 恋人
06: MYSELF〜風になりたい〜
07: 夢を信じて
08: 壊れかけのRadio
09: Wednesday Moon
10: LOVE IS ALL
11: Revolution
12: I LOVE YOU
13: もう一度あの日のように
14: 僕のそばに

(Disk 2)
01: 永遠の果てに
02: 未来飛行
03: ROUGH DIAMOND
04: SMILE
05: 誓い
06: 青い契り
07: オリオンの炎
08: 君をつれて
09: 君は君でいたいのに
10: My Life
11: 恋をしてゆこう
12: happiness
13: 抱きしめてあげる
14: 愛が哀しいから

投稿者 tomytamura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です