The Wreckers / Stand Still, Look Pretty

The Wreckers / Stand Still, Look Pretty

2006年にリリースされた、カントリーデュオ The Wreckers の作品です。

まずすごく印象的なアルバムジャケット。ジャケットいっぱいにどアップの可愛らしい2人の女性。”The Wreckers”のロゴはカントリーっぽい雰囲気が漂っているんですが、写っている女性はカントリーアーティストっぽくないなという雰囲気。そして、片方の女性がどこかで見たことあるなあというのが第一印象でした。

で、しばらくした後、その左側の女性がMichelle Branchであることを知り驚いたわけです。

Michelle Branch って、ロックアーティストというよりはポップ・ヴォーカリスト的なイメージが強かったんですが、まさかカントリーアルバムを作るとはという驚き。つい数年前にはカルロス・サンタナのアルバムでめちゃめちゃ好きな “The Game Of Love” という曲にリード・ヴォーカリストとして参加し大ヒットさせていて、その前後からお気に入りのシンガーだったのです。

そして、このアルバムの冒頭を飾る”Leave The Pieces”で更に衝撃。典型的なコンテンポラリーカントリーだけど、かなりカントリー色の強い曲。Michelle Branch のリードヴォーカルも、途中で見事なハーモニーをかぶせてくるJessica Harp。バックの演奏もカントリー以外の何者でもない。今までのMichelle Branch のアルバムで聴けるタイプの曲ではないのです。
Jessica Harpはあまりソロでは知られていないが、ここ数年Michelle Branch のツアーメンバーとして活躍していたとのこと。

その次の”Way Back Home”も”Good Kind”も同様。今時の他のアーティストにはない、ハーモニー中心の曲が続き、そしてそれらが全て見事に決まっています。全米ヒットもした”My, Oh My”もしかり。
(ちなみにこの曲のミュージックビデオはクラシックなカントリーさで、コスチュームもとっても良かったりします…)

とにかくヴォーカル、コーラスを全面的に押し出したアルバムで、ヴォーカルはもちろん演奏も耳から離れないほど美しく、ほどほどの透明感があります。久しぶりにハーモニーに酔ってしまう曲たちに出会えた、そんなアルバムとなっています。

Tracks:
01: Leave The Pieces
02: Way Back Home
03: The Good Kind
04: Tennessee
05: My, Oh My
06: Stand Still, Look Pretty
07: Cigarettes
08: Hard To Love You
09: Lay Me Down
10: One More Girl
11: Rain
12: Crazy People

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。